昔からのことわざで、
「白髪を1本抜いたら3本に増える」というのがあります。

その俗説のせいか、白髪を抜こうとしたら、
誰かに「白髪を抜くと増えるからやめなさい」と言われたという話を聞いたことがあります。

「白髪を抜くと増える」
これって本当なのでしょうか?

最近は白髪染めなどがメジャーになってきているので、
むやみやたらと抜く人も少ないかもしれませんが、
いったん染め始めると染めずにいられなくなるの恐れて、
白髪染めを使わずに抜いている人もいるようです。

白髪はもちろん体質もあるのですが、
年齢を重ねると共に増えてきて、
生える速度もだんだん早くなるそうです。

一般的に白髪を抜くようになるのは、
白髪が気になり始めてからですよね。
だから「白髪は抜くから増える」わけではなく、
単純に抜いても抜かなくても、白髪は少しずつ増え続けているのだと思います。

白髪を抜いて黒くなった頭髪に、
また白髪が出てくると増えたような気がするのでしょう。

そういうわけで、
白髪を抜くと増えるという噂はウソみたいです。
だとすれば、白髪は抜いても良いのかというとそうではありません。

白髪であっても、毛髪を抜くという行為は、
頭皮に良くないのでなるべくしない方が良いのです。
無理に髪の毛を抜くと頭皮がダメージを受けて、
毛母細胞という髪を作る細胞が壊れてしまって、
髪がもう二度と生えてこなくなる可能性があります。

どうしても白髪が気になり、
白髪染めも使いたくない人は、
髪の根元の方をハサミで切ると良いと思います。

自分は髪の量が多いので、
抜いても大丈夫だと思っている人もいるかもしれませんが、
白髪が気になるからといって、
どんどん抜いていくのは止めましょう。

近い将来には、白髪だけでなく薄毛でも悩む事になるかもしれませんよ。
気をつけましょう!