「帽子をかぶりすぎると抜け毛が増える」
・・・という話を聞いた事がありますか?

この話は、ずいぶん前から言われていて、
根拠も無く信じている人が多いみたいです。

確かに帽子をかぶっていると、
中の空気が滞ったままなので蒸れてくる感じがします。
特に夏場などは汗をかくので、
頭皮の皮脂の分泌が盛んになって、髪がベタベタとします。
菌が繁殖しやすい状態になりますね。

育毛に関する知識がない人でも、
そういった蒸れた状態は、頭皮に良くないと思うのでしょう。

でも普通に帽子をかぶっていたら、
頭皮に悪影響を及ぼすほどは蒸れないそうです。
1日24時間かぶっているわけではないですし、
プロ野球選手なんかも、かなり長い時間帽子をかぶっていますが、
だからといって髪が薄くなるわけではないですよね。

また「帽子をかぶる事で血行が悪くなって抜け毛が酷くなる」とか、
「帽子を着たり脱いだりする刺激が髪に良くない」という人もいるようですが、
サイズの合った帽子を、普通にかぶっていれば、
そこまで毛髪に悪い影響はないみたいです。

それどころか、むしろ帽子は、
抜け毛予防に効果があると言われているくらいなんですよ。

なぜなら帽子をかぶる事で、
夏は頭皮を紫外線から遮ることができるし、
冬は寒さから頭皮を守ってくれるので、血行不良を防げるからです。

だから抜け毛が気になる人は、
どちらかというと、帽子をかぶった方が良いと言えるのです。

もし帽子をかぶって頭が蒸れた場合でも、
その日のうちにきちんとシャンプーして清潔にしておけば、
頭皮に悪い影響はないと思います。

「帽子をかぶりすぎると抜け毛が増える」という噂とは、全く逆ですね。

ところで、薄毛やハゲている人は、
頭を隠すために帽子をかぶる人が多いみたいです。

恐らく、帽子をかぶっている人に薄毛の人が多いので、
「帽子をかぶると抜け毛が増える」という噂が広まったのでしょう。