インディアンには薄毛の人が少ないそうですね。
どれくらい少ないのか言うと、薄毛が100人に1人くらいの割合で、
ハゲている人はほとんどいないみたいです。

インディアンというと寿命が短いので、
ハゲてしまう前に亡くなってしまうのでないかという意見もありますが、
現在は平均寿命も上がってきているようで、
一概にそうとは言えないと思います。

インディアンにハゲている人がほとんどいないのは、
環境や生活習慣や食べ物が影響していると思われますが、
やはり遺伝が関係しているのでしょうか。
ハゲている人がいないという事は、
遺伝子的にハゲの遺伝子は存在しないのかもしれません。

日本には「髪は女の命」という言葉があって、
女性は髪を大切にしているように、
インディアンにも『永遠の魂が髪の毛には宿る』という考えがあって、
昔から髪をとても大切にしていると言われています。

彼らはユッカの根を原材料としたシャンプーを使ったり、
ホホバという植物から採れるホホバオイルという油で、
髪の手入れを行っていると言われています。

以前、薄毛が少ないというインディアンのこうした髪の手入れ法から、
「インディアンシャンプー」という名前のシャンプーが販売されましたね。

正直、インディアンシャンプーの育毛効果はよく分からないのですが、
頭皮が柔らかくなって良さそうな感じがすると人気があったようです。

一般的に使われているシャンプーには、
保存剤や防カビ剤などの有害な化学物質が入っているので、
頭皮に悪影響を及ぼして、抜け毛がひどくなる場合があります。

なので、インディアンが使っているシャンプーは、
頭皮や髪に優しいものなのでしょう。

また彼らはノコギリヤシというヤシ科の果物の果汁を、
滋養のために飲んでいたそうです。

このノコギリヤシは、
ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生成を少なくし、
薄毛になるリスクを減らす働きをしていると言われています。

インディアンがハゲがほとんどいないのは本当で、
やはり昔からの習慣が影響しているのでしょうね。
広い大地で暮らしているので、
ストレスなどが少ない事も良いのかもしれません。